バラの小箱

うつろう庭のバラと花たちをとどめて・・・

☆☆☆
アクセスカウンター
旅とも洋画DVD通販カラコンライフティント
☆☆☆
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*********************************************************************************************

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4-2. Bibury(Cotswolds)

バイブリー /Bibury(Cotswolds)
イギリス南西部 コッツウォルズにある村

「あまりの美しさに声も出ない」そんな形容がぴったりの
素敵な庭に感激!
思わずカメラに手が行きました。
他の人達も皆似たような思いだったようで
写真を撮りまくった人 そばに行き眺め続ける人・・・
様々ですが 美しさに目を奪われたようです。
私は 人がいっぱい写っちゃうので
帰りに撮ることにして 眺め派~
それにしても素敵でした!

バイブリーは今回のツアーでは
予定に入ってiいませんでしたが
どなたかが行けるかどうか聞いたようです。 
ガイドさんの話によると
時間に余裕ができたみたいなので行けました。
最初に行くことになってた
バーンズリーハウス・ガーデンに早く着きすぎるので
先にバイブリーに寄りました。
(午前の早い時間だとそれほど混まないそうです。)

バイブリーは「英国で最も美しい村」と
ウィリアム・モリスに賞賛された村です.。
モリスは著名な詩人で 芸術家でもある彼の推進する
「アーツ&クラフツ」運動は
世界中に大きな影響を与えました。
彼がデザインした植物の模様の壁紙や
ステンドグラスが有名ですね。
ウィリアム・モリスはこのバイブリーに暮らし
豊かな自然に心癒され 憩い
仕事のインスピレーションをも得ていたのでしょうね。
私はほんの少ししかいなかったのですが
それを感じさせてくれる穏やかな村でした。
すぐそばを流れている清冽なコルン川では
カモや白鳥などの水鳥が遊び
ゆったりとした時間が流れているように感じます。


スワン・ホテルの並びにある個人の住宅
P1000514bibury14.jpg
スワン・ホテルはグリーンの壁になってて雰囲気があったけど
近くのお家もナチュラルガーデンで素敵でした。

P1000515bibury14.jpg
家の前側ではバラが何種類も咲いて。

P1000517bibury14.jpg
両側には ゲラニウム バラ カンパニューラ
シモツケソウに似た花が咲いて。

P1000520bibury14.jpg
バラ カンパニューラ ジギタリス ゲラニウム
アイリスが咲いて。

P1000522bibury14.jpg
左側を。

P1000520bibury142.jpg
いろんな草花が咲いて素敵でした。

P1000522bibury142.jpg
ダークレッドのモミジ カンパニューラ
ゲラニウムなどが咲いていました。

P1000523bibury14.jpg
白に薄紫 そして濃い目のピンクが加わって。

P1000523bibury142.jpg
シャスターデージー ゲラニウム カンパニューラ
シモツケソウに似た花が咲いて。

P1000524bibury14.jpg
お家と庭の草花がとても似合います。

P1000538bibury14.jpg
こちらのお宅は 前の木々がスタンダード仕立てのようになって。


- アーリントン・ロウ -
この村の景観を形作っているのは
14世紀に造られた「アーリントン・ロウ」です。
そのときの家並みがそのまま残されていて
そこに行ってみると 素朴な家々が軒を連ねていて
ゆっくり時間が流れているような
時が止まったような雰囲気の佇み・・・
そんな気持ちにさせてくれる素敵な所です。
蜂蜜色の家が立ち並んでいる様子は
テレビで何度も見てますが
実際にここに立ってみると 更に温かみを感じます。

P1000546bibury142.jpg
石の壁の上にはゼラニウムが咲いていました。

P1000551bibury142.jpg
細めの道を歩きながら~

P1000550bibury144.jpg
バラが上の方に伝って。

P1000553bibury142.jpg
セント・エセルバーガに似たバラが咲いていました。

P1000552bibury146.jpg
白いバラの下には
ピンクのバラ 赤いゼラニウム 紫のサルビアなどが。

P1000555bibury144.jpg
バラやクレマチスが壁を伝って。

P1000555bibury145.jpg
赤いバラ 黄色のクレマチス 紫のジギタリス
アルケミラモリスが咲いて。

P1000559bibury142.jpg
丘の上にも家があり
その右には奥へといざなう道が。

P1000561bibury142.jpg
ここの家もバラで彩られて。

P1000562bibury144.jpg
ちょっとズームして。

P1000563bibury142.jpg
ここの塀もコッツウォルズストーンで。

P1000571bibury142.jpg
もう帰る時間が迫ってきました。
小道の脇の小川沿いに駐車場まで向かいます。

P1000569bibury142.jpg
少しズームしてみると
湿原の向こうにさっき見たお家が。

P1000577bibury142.jpg
コルン川の向こうの右側にはお店があり
素敵なグッズを扱っていたようです。
私は時間が無くて見れなかったので 残念!

P1000580bibury14.jpg
コルン川を挟んで「アーリントン・ロウ」を眺めて。

P1000581bibury14.jpg
さっき見た素敵なお家が見えてきました。
右側はキッチンガーデンになってて
ジャガイモの花が咲いていました。
その右には赤紫のバラが。

P1000582bibury142.jpg
少し近づいて。

P1000583bibury14.jpg
更に近づいて。

P1000583bibury142.jpg
ワイドタイプで。

P1000586bibury14.jpg
赤紫 イエロー 白 グリーン 淡いピンクなど
いろんな色が組み合わさって素敵です。

P1000587bibury14.jpg
ちょっとズームして。

P1000590bibury14.jpg
川には水鳥が憩い 
湿原には何種類もの花が咲いています。

P1000590bibury142.jpg
のどかで落ち着いた雰囲気で
いつまでもここに居たいな~と思いました。
今度は泊ってゆっくり過ごしたいです。

P1000599bibury142.jpg
スワン・ホテルの緑の壁が見えてきました。
水鳥が何羽も戯れ 川沿いには柳が揺れています。

P1000603bibury143.jpg
スワン・ホテルの前にはラベンダーがいっぱい咲き
木々は豊かな緑を繁茂させています。

P1000601bibury14.jpg
道路の向こう側はトラウト・ファーム。
ここのガーデンも美しかったです。

P1000604bibury144.jpg
水が流れ落ちて涼しげに見え 
いろんな草花が彩りを添えて。

P1000604bibury145.jpg
涼しげな所をズームして。

P1000606bibury144.jpg
コッツウォルズストーンでできた家 
家の後ろの緑 左脇のライムグリーンの葉
優しげな色の花たち・・・
どれも似合っていました。

P1000604bibury144_2014081815183443f.jpg
右側にはニッコウキスゲに似たオレンジの花が咲き
その奥にはピンクの小花 右側には白いお花が。

P1000607bibury144.jpg
ちょっと引いて。

P1000607bibury145.jpg
こういう木々は
フランスの画家「コロー」の絵のように見えます。
「コロー」は大好きな画家。
イギリスに来てたら どのような絵を
描いたことでしょうね。

P1000609bibury143.jpg

絵になるような景色に魅了されたバイブリー。
私の好きな「ジョン・コンスタブル」や
「ウィリアム・ターナー」だったら
どんな風に描いたでしょう。

パノラマタイプは こちら からご覧ください。

「花そよそよ」
バイブリー/Bibury・・・1は こちら からご覧ください。

バイブリー/Bibury・・・2は こちら からご覧ください。

フォトチャンネルは こちら からご覧ください。

- 2014 6/23 Photo  Panasonic Lumix TZ60 -
  1. 2014/08/22(金) 23:42:55|
  2. 英国ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<5‐2. Barnsley House Garden | ホーム | お知らせ>>

コメント

素敵~

smomoさん、素敵なバイブリーの写真、ありがとうございます。
こんなに暑くなって、残暑厳しい毎日ですが、
このすがすがしく清らかな緑の美しさ。
思い出します~。
同じ柳でも、イギリスの柳と日本の柳では美しさが異なるように思われます。
絵心があるから、お写真もきれいに撮れるのですね。
イギリス、また行きたい病はますます進行しております。
  1. 2014/08/23(土) 16:56:49 |
  2. URL |
  3. kosa #J1MwoMuY
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/08/23(土) 17:01:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

了解しました

kosa さん
ごめんね~
バイブリーのをアップして
その後見てなくて 返事が遅れてしまいました。
例の件 さっきやっておきましたよ。

バイブリーは良かったわよね。
あそこにしばらく居たかったわ!
慌しく 見て撮って・・・だから
今度はゆっくり滞在して
その辺りをブラブラしてみたいわ。
何年後に可能かしら~
  1. 2014/08/26(火) 14:04:14 |
  2. URL |
  3. smomo #vgCrYCYo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smomo.blog10.fc2.com/tb.php/1743-2d324e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旬の花時計

プロフィール

smomo

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。