バラの小箱

うつろう庭のバラと花たちをとどめて・・・

☆☆☆
アクセスカウンター
旅とも洋画DVD通販カラコンライフティント
☆☆☆
07 | 2014/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
*********************************************************************************************

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5‐2. Barnsley House Garden

バーンズリー・ハウス・ガーデン/Barnsley House Garden
コッツウォルズ地方

世界的に有名なイギリスの園芸家
ローズマリー・ヴェアリー夫人のプライベート・ガーデン。
4エーカー(約5,000坪)の庭園で
ガーデンの美しさはイギリス屈指と言われています。
チャールズ皇太子やエルトン・ジョンの庭も
彼女がデザインしたことでも知られています。
残念ながら ヴァレリー夫人は2001年に永眠されました。
彼女が亡くなった後 マナーハウスになりましたが
当時の状態と同じような庭を今でも見ることができます。
ヴェアリー夫妻はここに移り住んで
1951年~1960年まで庭造りをしました。 
このハウスはそれよりも古く 1697年に建築されたもので
300年もの歴史をもっています。
黄色みを帯びた「蜂蜜色の石」(ライムストーン)である
コッツウォルズ独特の石で造られた邸は
素敵な庭と相乗効果を発揮し
それぞれがお互いを引き立たせています。
このライムストーンは石灰岩で
「コッツウォルズストーン」と言われています。
日本にも輸出しているようで
ガーデニングショウでもよく見かけるようになりました。

「キングサリの小路」が一番の見どころですが
時期が遅かったので ほんの少し 
名残のキングサリが2-3枝ほど咲いていただけでした。
日本で素敵な景色のをプリントしてきたんだけど
残念ながら見れませんでした。
5月末頃咲くようなので バラの時期とは少しずれています。
どちらかしか見れないですね。

コッツウォルズ地方で最も美しいと言われているバイブリ―からは
南に車で5~10分位でしょうか。
バイブリーと共に見るコースに入れておくといい所です。

P1000611barnsley14.jpg
門を入ると少し向こうにマナーハウスが見えます。
長い緩やかな坂の上の屋敷は
とても素敵な中世のお城のようでした。
尚 ガーデンを見学できるのは
ホテルの宿泊者とレストラン利用者のみとのこと。
私達は今回ここでランチをするので
庭園を見学できたようです。

P1000616barnsley14.jpg
大分見えてきました。
マナーハウスの前の花壇は二段になってて
低い方には キキョウ シャスターデージー アルケミラモリス
上の方では 白やクリーム色のバラが咲いています。

P1000622barnsley14.jpg
マナーハウスの前に来ました。

P1000624barnsley142.jpg
入り口の左側で咲いてたのはウツギかな~?

P1000623barnsley142.jpg
ミニブーケのように幾つも。

P1000628barnsley142.jpg
室内には素敵なアレンジメントが。

P1000631barnsley143.jpg
ここでくつろげるようになってて。

P1000706barnsley14.jpg
こちらの方でも食事ができるようになってました。

P1000632barnsley144.jpg
ハウスの前には色とりどりの花が咲いて。

P1000633barnsley143.jpg
後ろの家の壁には
白いつるバラが見事に。

P1000634barnsley14.jpg
白や紫 黄色 ピンク 水色などいろんな色が。

P1000634barnsley142.jpg
ワイドタイプで。

P1000635barnsley144.jpg

P1000636barnsley142.jpg
木々はいろんな形に刈られて。

P1000636barnsley143.jpg
ちょっとズームして。

P1000639barnsley14.jpg
左側ではティータイムができるようになっていました。。

P1000641barnsley142.jpg
左へスライドして。

P1000640barnsley14.jpg
広い芝生を囲むように植栽されて。

P1000644barnsley143.jpg
庭園の左側には石のベンチがあって
憩えるようになっていました。

P1000643barnsley143.jpg
マナーハウスは緑で覆われて。

P1000645barnsley142.jpg
濃いピンクのバラに薄紫のゲラニウムが合わせてあり
アルペンブルーの濃い紫が加わって。

P1000646barnsley14.jpg

P1000647barnsley142.jpg
後ろには斑入りの葉っぱの木が大きく育って。

P1000648barnsley144.jpg

P1000650barnsley143.jpg
濃いワインレッドのスイートピーが印象的でした。

P1000650barnsley144.jpg
ちょっとズームして。

P1000651barnsley143.jpg
左奥にはテンプルガーデンがありました。

P1000651barnsley144.jpg
テンプルガーデンには壁沿いにバラが何種類も咲いて。

P1000652barnsley14.jpg
バラの傍で憩えるように
テーブルと椅子が。

P1000652barnsley143.jpg
幾種類ものバラが交じりあって。

P1000652barnsley142.jpg
ここのゾーンは華やかに。

P1000653barnsley14.jpg

P1000653barnsley142.jpg
ちょっとズームして。

P1000656barnsley14.jpg
角度を変えて。

P1000656barnsley142.jpg
バラに囲まれて憩えるなんて幸せ~♪

P1000658barnsley142.jpg
テンプルガーデンはサマーハウスだそうです。
夏に水辺は気持ち良いですよね。

P1000661barnsley142.jpg
池には白い睡蓮が咲いて。

P1000664barnsley14.jpg
左サイドにも椅子とテーブルが。

P1000663barnsley144.jpg
左側の壁にはライムグリーンの葉が茂り
足元にはアルペンブルーが咲いて。

P1000663barnsley146.jpg
ライムグリーンの葉に
ピンクがかった緑の葉が合わさって。

P1000666barnsley142.jpg
テンプルガーデンの出入り口にはクレマチスが咲いて。

P1000654barnsley14.jpg
フェンスには紫のクレマチスが絡まって。

P1000659barnsley14.jpg
左側にはアジサイやゲラニウムがいっぱい咲いていました。

P1000660barnsley14.jpg
更に左へスライドして。

P1000668barnsley14.jpg
石の椅子の右側にワインレッドのスイートピーが咲き
後ろにはテンプルガーデンがあります。

P1000671barnsley14.jpg
マナーハウスの方を望んで。

グラスウオークとブロードボーダー
P1000673barnsley14.jpg

P1000673barnsley142.jpg
かなり長くボーダーになってて素敵でした。

P1000672barnsley142.jpg

P1000674barnsley142.jpg
紫のトリカブト 赤紫のバラなどが咲いて。 

P1000677barnsley14.jpg

P1000675barnsley14.jpg
ピンクのゲラニウム 
赤や濃いピンクのバラが咲いて。

P1000676barnsley143.jpg
同系色で組み合わせて。

P1000675barnsley142.jpg

P1000680barnsley14.jpg
広い芝生の隅にモダンな椅子が2脚。

P1000681barnsley14.jpg
キッチンガーデンの近くはナチュラルに。

P1000681barnsley142.jpg

グラスウオークとブロードボーダー
P1000682barnsley14.jpg
ここは涼やかな色で統一されて。

P1000682barnsley142.jpg
薄紫のヴィオラがいっぱい~♪

P1000684barnsley144.jpg

P1000686barnsley14.jpg
こちらは濃い目の色で。

P1000686barnsley142.jpg
薄いピンク 濃いピンク 赤 紫 白のいろんな色で。

P1000687barnsley14.jpg
白のヤナギランは初めて!

キッチンガーデン
P1000689barnsley14.jpg
ラベンダーが沢山植えられて。

P1000690barnsley14.jpg
後ろの方ではバラが咲き 前ではユリが咲いて。

P1000692barnsley14.jpg
紫のケシは魅惑的!

P1000693barnsley14.jpg
白いユリも小さいと可憐!

P1000694barnsley14.jpg

P1000695barnsley14.jpg
薄紫にピンクが混じって素敵~♪

P1000697barnsley14.jpg
両脇にいろんな種類の木々が植えられて。
向こうにはテンプルガーデンが。

P1000698barnsley14.jpg
キングサリの小道はもうお終い~
もう少し早いと見られたんですね。
(ここはキングサリでも有名な所です。)

P1000700barnsley14.jpg
前にはユリやリナリアなどが咲き
後ろには木々が低く刈られて。

P1000701barnsley14.jpg
ちょっと角度を変えて。

P1000702barnsley14.jpg
マナーハウスの左側には
葡萄などつる性のものが這って。

P1000705barnsley142.jpg

P1000703barnsley14.jpg
手前には低めに刈った木々が。

グラスウオークとブロードボーダー
P1000704barnsley14.jpg
左側の手前 花火のようなイメージですが
何て言う花なんでしょうね?

パノラマタイプは こちら からご覧ください。

「花そよそよ」
バーンズリー・ハウス・ガーデン・・・1は こちら からご覧ください。

バーンズリー・ハウス・ガーデン・・・2は こちら からご覧ください。

フォトチャンネルは こちら からご覧ください。

- 2014 6/23 Photo  Panasonic Lumix TZ60 -
スポンサーサイト
  1. 2014/08/30(土) 14:48:33|
  2. 英国ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4-2. Bibury(Cotswolds)

バイブリー /Bibury(Cotswolds)
イギリス南西部 コッツウォルズにある村

「あまりの美しさに声も出ない」そんな形容がぴったりの
素敵な庭に感激!
思わずカメラに手が行きました。
他の人達も皆似たような思いだったようで
写真を撮りまくった人 そばに行き眺め続ける人・・・
様々ですが 美しさに目を奪われたようです。
私は 人がいっぱい写っちゃうので
帰りに撮ることにして 眺め派~
それにしても素敵でした!

バイブリーは今回のツアーでは
予定に入ってiいませんでしたが
どなたかが行けるかどうか聞いたようです。 
ガイドさんの話によると
時間に余裕ができたみたいなので行けました。
最初に行くことになってた
バーンズリーハウス・ガーデンに早く着きすぎるので
先にバイブリーに寄りました。
(午前の早い時間だとそれほど混まないそうです。)

バイブリーは「英国で最も美しい村」と
ウィリアム・モリスに賞賛された村です.。
モリスは著名な詩人で 芸術家でもある彼の推進する
「アーツ&クラフツ」運動は
世界中に大きな影響を与えました。
彼がデザインした植物の模様の壁紙や
ステンドグラスが有名ですね。
ウィリアム・モリスはこのバイブリーに暮らし
豊かな自然に心癒され 憩い
仕事のインスピレーションをも得ていたのでしょうね。
私はほんの少ししかいなかったのですが
それを感じさせてくれる穏やかな村でした。
すぐそばを流れている清冽なコルン川では
カモや白鳥などの水鳥が遊び
ゆったりとした時間が流れているように感じます。


スワン・ホテルの並びにある個人の住宅
P1000514bibury14.jpg
スワン・ホテルはグリーンの壁になってて雰囲気があったけど
近くのお家もナチュラルガーデンで素敵でした。

P1000515bibury14.jpg
家の前側ではバラが何種類も咲いて。

P1000517bibury14.jpg
両側には ゲラニウム バラ カンパニューラ
シモツケソウに似た花が咲いて。

P1000520bibury14.jpg
バラ カンパニューラ ジギタリス ゲラニウム
アイリスが咲いて。

P1000522bibury14.jpg
左側を。

P1000520bibury142.jpg
いろんな草花が咲いて素敵でした。

P1000522bibury142.jpg
ダークレッドのモミジ カンパニューラ
ゲラニウムなどが咲いていました。

P1000523bibury14.jpg
白に薄紫 そして濃い目のピンクが加わって。

P1000523bibury142.jpg
シャスターデージー ゲラニウム カンパニューラ
シモツケソウに似た花が咲いて。

P1000524bibury14.jpg
お家と庭の草花がとても似合います。

P1000538bibury14.jpg
こちらのお宅は 前の木々がスタンダード仕立てのようになって。


- アーリントン・ロウ -
この村の景観を形作っているのは
14世紀に造られた「アーリントン・ロウ」です。
そのときの家並みがそのまま残されていて
そこに行ってみると 素朴な家々が軒を連ねていて
ゆっくり時間が流れているような
時が止まったような雰囲気の佇み・・・
そんな気持ちにさせてくれる素敵な所です。
蜂蜜色の家が立ち並んでいる様子は
テレビで何度も見てますが
実際にここに立ってみると 更に温かみを感じます。

P1000546bibury142.jpg
石の壁の上にはゼラニウムが咲いていました。

P1000551bibury142.jpg
細めの道を歩きながら~

P1000550bibury144.jpg
バラが上の方に伝って。

P1000553bibury142.jpg
セント・エセルバーガに似たバラが咲いていました。

P1000552bibury146.jpg
白いバラの下には
ピンクのバラ 赤いゼラニウム 紫のサルビアなどが。

P1000555bibury144.jpg
バラやクレマチスが壁を伝って。

P1000555bibury145.jpg
赤いバラ 黄色のクレマチス 紫のジギタリス
アルケミラモリスが咲いて。

P1000559bibury142.jpg
丘の上にも家があり
その右には奥へといざなう道が。

P1000561bibury142.jpg
ここの家もバラで彩られて。

P1000562bibury144.jpg
ちょっとズームして。

P1000563bibury142.jpg
ここの塀もコッツウォルズストーンで。

P1000571bibury142.jpg
もう帰る時間が迫ってきました。
小道の脇の小川沿いに駐車場まで向かいます。

P1000569bibury142.jpg
少しズームしてみると
湿原の向こうにさっき見たお家が。

P1000577bibury142.jpg
コルン川の向こうの右側にはお店があり
素敵なグッズを扱っていたようです。
私は時間が無くて見れなかったので 残念!

P1000580bibury14.jpg
コルン川を挟んで「アーリントン・ロウ」を眺めて。

P1000581bibury14.jpg
さっき見た素敵なお家が見えてきました。
右側はキッチンガーデンになってて
ジャガイモの花が咲いていました。
その右には赤紫のバラが。

P1000582bibury142.jpg
少し近づいて。

P1000583bibury14.jpg
更に近づいて。

P1000583bibury142.jpg
ワイドタイプで。

P1000586bibury14.jpg
赤紫 イエロー 白 グリーン 淡いピンクなど
いろんな色が組み合わさって素敵です。

P1000587bibury14.jpg
ちょっとズームして。

P1000590bibury14.jpg
川には水鳥が憩い 
湿原には何種類もの花が咲いています。

P1000590bibury142.jpg
のどかで落ち着いた雰囲気で
いつまでもここに居たいな~と思いました。
今度は泊ってゆっくり過ごしたいです。

P1000599bibury142.jpg
スワン・ホテルの緑の壁が見えてきました。
水鳥が何羽も戯れ 川沿いには柳が揺れています。

P1000603bibury143.jpg
スワン・ホテルの前にはラベンダーがいっぱい咲き
木々は豊かな緑を繁茂させています。

P1000601bibury14.jpg
道路の向こう側はトラウト・ファーム。
ここのガーデンも美しかったです。

P1000604bibury144.jpg
水が流れ落ちて涼しげに見え 
いろんな草花が彩りを添えて。

P1000604bibury145.jpg
涼しげな所をズームして。

P1000606bibury144.jpg
コッツウォルズストーンでできた家 
家の後ろの緑 左脇のライムグリーンの葉
優しげな色の花たち・・・
どれも似合っていました。

P1000604bibury144_2014081815183443f.jpg
右側にはニッコウキスゲに似たオレンジの花が咲き
その奥にはピンクの小花 右側には白いお花が。

P1000607bibury144.jpg
ちょっと引いて。

P1000607bibury145.jpg
こういう木々は
フランスの画家「コロー」の絵のように見えます。
「コロー」は大好きな画家。
イギリスに来てたら どのような絵を
描いたことでしょうね。

P1000609bibury143.jpg

絵になるような景色に魅了されたバイブリー。
私の好きな「ジョン・コンスタブル」や
「ウィリアム・ターナー」だったら
どんな風に描いたでしょう。

パノラマタイプは こちら からご覧ください。

「花そよそよ」
バイブリー/Bibury・・・1は こちら からご覧ください。

バイブリー/Bibury・・・2は こちら からご覧ください。

フォトチャンネルは こちら からご覧ください。

- 2014 6/23 Photo  Panasonic Lumix TZ60 -
  1. 2014/08/22(金) 23:42:55|
  2. 英国ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

お知らせ

1-2. Sissinghurst Castle Garden

新しく画像を8枚ほど追加しました。
宜しかったらご覧ください。
  1. 2014/08/12(火) 23:09:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2-2. Mottisfont Abbey Garden

モティスフォント・アビー・ガーデン
Mottisfont Abbey Garden


P1000228mottisfont14.jpg

ロンドンの南西 ハンプシャー州 ウインチェスターの近く
ナショナル・トラスト 所有 管理

モティスフォントとは「泉の集まり」を意味する古い英語。
12世紀の修道院で
1972年 グラハム・トーマス氏によリ 
バラの庭が作られました。
このモティスフォントで最も有名なのは
敷地の北西にあるオールドローズのバラ園です。
ここはかなり奥にあるとフレグランスさんに聞いていたので
ガイドさんにも行ってくれるのか聞いておきました。
ここは350種以上のバラが植栽されていて
「英国で最も美しいローズガーデン」と
吉谷桂子さんが言っている庭です。
「オールドローズのコレクションと
自然な風情の宿根草の競演が圧巻」とありました。
バラ園ではよく1種類のバラを同じゾーンに
幾つも並べて植えたりしていて面白みがありません。
その点 ここは
バラの特性を活かした立体的なガーデン作りがされているようで
それぞれのゾーンが魅力的です。

P1000242mottisfont14.jpg
白いつるバラが壁に誘引されて。

P1000243mottisfont14.jpg
1本の角柱に絡まっていたのは The Pilgrim 。
日本のバラ園でもよく見かけますが
CL だっんですね。

P1000246mottisfont14.jpg
入り口の手前にもバラがいっぱい咲いていました。
この日は日差しが強くてピーカン状態!
写真を撮るのには向いてないけど
仕方がないですね。
日本のバラ園に行くときは
なるべく曇りの日を選んで行くんだけど
ツアーだと無理ですね。

P1000247mottisfont14.jpg
入り口の手前はウォールド・ガーデンになってて
ピンクのバラがいっぱい~♪

P1000250mottisfont14.jpg
ピンクやクリーム色の淡い系で統一されて。

P1000253mottisfont143.jpg
ガーデンの右の方です。

P1000254mottisfont143.jpg
左へスライドして。

P1000255mottisfont143.jpg
両側にバラが沢山咲き 
真ん中に入り口があります。

ウォールド・ガーデン/ Walled Garden
このガーデンは 65m四方の四角形のゾーンと
その先にある三角形のゾーンの2つからなっています。
四角形の部分は通路で4つに分かれていて
中央部には噴水があります。

P1000261mottisfont14.jpg
園内に入ってみると
そこの壁にもつるバラが這って。
レンガの壁にはワイヤーが横に何本も張ってあって
それにバラを誘引して結んでいました。

P1000262mottisfont14.jpg
濃いローズピンクのバラがいっぱい咲いて。

P1000264mottisfont14.jpg
ここのゾーンは少し早かったようで
終わってる花が多かったです。
あと1週間早ければ。。。

プリンセス・ルイーズ/ Princesse Louise
P1000265mottisfont14.jpg
パーゴラが幾つも連なっていて素敵でした。

P1000266mottisfont14.jpg
ね! 可愛いでしょ。 
以前 草笛の丘で見て
買おうと思って苗を探したんだけど
見つからなかったバラです。
長い時間をかけて かの地で再開するとは!
もう一度 可愛い花姿に魅了されました。

ケーニギン・フォン・ デンマーク/ Konigin von Danemark
P1000268mottisfont14.jpg
このバラも素敵でした。

P1000275mottisfont14.jpg
レンガの壁沿いにはバラがいっぱい咲き
バラの前には宿根草が彩りを添えていました。
手前にはハーブガーデンがあり
キャットミントが咲いていました。

P1000275mottisfont143.jpg
ちょっとズームして。

P1000275mottisfont144.jpg
右へスライドして。

P1000275mottisfont142.jpg
ウォールド・ガーデンはバラやデルフィニューム
ジギタリスなどが咲いて。

P1000277mottisfont14.jpg

P1000277mottisfont142.jpg
ズームして。

P1000278mottisfont14.jpg
植物の前は刈り込まれた柘植のヘッジで囲まれています。

P1000278mottisfont142.jpg
ズームして。

P1000279mottisfont14.jpg
ここはガーデンの縁がラベンダーで彩られて。

P1000279mottisfont142.jpg
ズームして。

P1000279mottisfont143.jpg
ワイドタイプで。

P1000280mottisfont14.jpg
調べた時点で期待して来たんだけど
ここのバラ園は立体的に植栽されてて
やっぱり素敵!

P1000280mottisfont142.jpg
色とりどりの花で。

P1000280mottisfont143.jpg
ズームして。

P1000280mottisfont144.jpg
ワイドタイプで。

P1000281mottisfont14.jpg
ラベンダーのヘッジで囲まれて。

P1000281mottisfont142.jpg
ズームして。

P1000281mottisfont143.jpg
濃い赤紫のバラと後ろの薄紫色の花が
コントラストがハッキリして素敵です。

P1000281mottisfont144.jpg
ワイドタイプで。

P1000282mottisfont14.jpg
白のいろんな花が効果的です。

P1000282mottisfont142.jpg
花盛り~♪

P1000282mottisfont143.jpg
ワイドタイプで。

P1000283mottisfont14.jpg
ここは白いラベンダーで縁取りされていました。

P1000283mottisfont142.jpg
前面には白い草花が咲き乱れ
後ろの四角いオベリスクには
赤紫のクレマチスが絡まって。

P1000283mottisfont143.jpg
白やピンクのバラ 三尺バーベナ ダークな赤紫のスモークツリー
ラムズイヤー 薄紫のカンパニューラなどが咲いて。

P1000283mottisfont144.jpg
ワイドタイプで。

P1000284mottisfont14.jpg
前の方にはラベンダー 後ろの方では三尺バーベナ 
カンパニューラ・ラクチフローラが咲いて。

カンパニューラ・ラクチフローラ/ Campanula lactiflora
P1000284mottisfont142.jpg
白と薄紫色のが咲いて清々しい雰囲気です。

P1000285mottisfont14.jpg
ここのヘッジは薄紫のラベンダーでした。

P1000285mottisfont142.jpg
白と赤のバラに薄紫のカンパニューラが加わって。

P1000285mottisfont143.jpg
白と赤紫のバラ アリウム リナリア カンパニューラ オンファロデス
エリンジューム・ ミスウィルモッツゴーストが咲いて。

P1000285mottisfont144.jpg
ワイドタイプで。

P1000286mottisfont14.jpg
真ん中あたりに咲いてるのは
エリンジューム・ ミスウィルモッツゴーストです。

デューク・オブ・エジンバラ/ Duke of Edinburgh
P1000287mottisfont14.jpg
1868年作出 Hybrid Perpetual
少し気になる赤バラでした。

P1000289mottisfont14.jpg
華やかに色々咲いて。

P1000289mottisfont142.jpg
ピンクのリナリアはやっぱり可愛いですね。
白い花はリクニス。
日本でも一般的に咲いていて
濃いローズピンクのもあります。

P1000289mottisfont143.jpg
ワイドタイプで。

P1000290mottisfont14.jpg

P1000290mottisfont142.jpg
ワイドタイプで。

P1000291mottisfont14.jpg
ラベンダーの後ろにはいろいろな花がいっぱい~!

P1000291mottisfont142.jpg
濃い目のピンクのバラ リナリア カンパニューラ
三尺バーベナ ラベンダーなどいろいろ~。

P1000291mottisfont143.jpg
ワイドタイプで。

エリンジューム・ ミスウィルモッツゴースト
Eryngium giganteum 'Miss Wilmott's Ghost'

P1000292Cmottisfont14.jpg
以前育てたエリンジュームに似てますが
ちょっと違ってました。
前のはプラナムと言う名前だったけど
種類が色々あるようです。
ビッグ ブルーは花屋さんで扱ってて
切花で買ってドライフラワーにしたことがあります。

P1000294mottisfont14.jpg
紫の花色で。

P1000295mottisfont14.jpg

P1000296mottisfont14.jpg
子供たちもバラ園に来ていました。

P1000296mottisfont142.jpg
白やピンク 赤紫の カンパニューラ
リクニスなどが咲いて。

P1000297mottisfont14.jpg

P1000298mottisfont14.jpg
光が燦々と。

P1000298mottisfont142.jpg
白バラの周りに
薄紫のカンパニューラ ピンクのリナリアなどが咲いて。

P1000298mottisfont143.jpg
ワイドタイプで。

P1000300mottisfont14.jpg
紫のラベンダーに囲まれて。

P1000300mottisfont143.jpg
ちょっとズームして。

P1000300mottisfont142.jpg
ワイドタイプで。

P1000306mottisfont14.jpg
濃い目の色のゾーンですね。

P1000306mottisfont142.jpg
ワイドタイプで。

P1000307mottisfont142.jpg
華やかに咲いて。
バラはロサ・ムンディでしょうか。
それともカマユーかな~?
ピンクと白の絞りのバラでした。

P1000307mottisfont143.jpg
ピンクと白の絞りのバラ ゲラニウム カンパニューラ
白バラ ナデシコに似た花 リナリアなどが咲き
モーツァルトに似たピンクのバラが
大きな木に絡んで。

P1000311mottisfont14.jpg
濃い赤紫のバラは何て言うんでしょうね。
魅惑的な色です。

P1000311mottisfont143.jpg
ちょっとズームして。

P1000311mottisfont142.jpg
白 ピンク 濃い目のローズピンク 濃い赤紫のバラ
白や薄紫のカンパニューラ ジギタリス 
ナデシコに似たピンクの花などが咲いて。 

P1000312mottisfont14.jpg
広い芝生を囲んで
ウォールド・ガーデンがあります。

P1000312mottisfont142.jpg
珍しく黄色の花が加わって。

P1000312mottisfont143.jpg
白 赤 ダークな赤紫 ピンク 濃い目のローズピンクのバラ
薄紫のカンパニューラ ジギタリス キャットミント
ナデシコに似たピンクの花 黄色の花などが咲いて。 

P1000313mottisfont14.jpg

P1000314mottisfont14.jpg
花壇の前にはアイアンの椅子があり
憩えるようになっていました。

P1000314mottisfont142.jpg
ちょっとズームして。

P1000314mottisfont143.jpg
白 ピンク 濃い目のローズピンク ダークな赤のバラ 
ナデシコに似たピンクの花 
薄紫のカンパニューラ サルビアなどが咲いて。

P1000316mottisfont143.jpg
もう帰る時間 名残惜しいけど
入り口のウォールド・ガーデンの所に戻ってきました。

P1000318mottisfont142.jpg
修道院の近くまで戻ってきたんだけど
大きな木々たちが林を作ってるような感じ~♪

P1000321mottisfont142.jpg
修道院の脇を通って。

P1000326mottisfont142.jpg
まもなく車の所です。
小川の傍には白鳥が。

P1000332mottisfont142.jpg
小川に架かってる橋の上から見ると
ライムグリーンの葉が
清々しい空気を運んでくるようです。
この後 売店があったので見てみたら
いろんなバラや植物がいっぱい!
でも 持ち帰れないので
サーっと見るだけでした。
日本だったら 飛行機に乗せて帰るんだけど。(^_^;)

パノラマタイプは  こちら です。

「花そよそよ」
モティスフォント・アビー・ガーデン/ Mottisfont Abbey Garden
こちら からご覧ください。

フォトチャンネルは
こちら からご覧ください。

- 2014 6/22 Photo  Panasonic Lumix TZ60 -
  1. 2014/08/10(日) 23:35:20|
  2. 英国ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1-2. Sissinghurst Castle Garden

シシングハースト・キャッスル・ガーデン
Sissinghurst Castle Garden


イングランド南部 ケント州
ナショナル・トラスト所有 管理

1930年 この地を訪れた
ヴィタ・サックヴィル=ウェスト(詩人)は 荒れた城に魅了され
すぐに城と周囲の農地400エーカーを購入しました。
庭園は彼女と夫ハロルド・ニコルソン(作家・外交官)により
1930年代につくられ 一般への公開は1938年から始まりました。
ヴィタは、「オブザーバー紙」の園芸記者で
コラムを執筆していました。
庭園はそれぞれのルームごとに特徴が異なります。
ルームは刈りこまれた垣根やレンガの壁で仕切られていました。
そのなかでもホワイトガーデンには
白いランブラーローズ Rosa Mulliganii があり
私たちが行ったときはガゼボを覆い
満開まで至りませんでしたが素敵でした。

タワーに上ると遥か遠くまでのぞめましたし
庭園の構造もよくわかりました。
昔 エリザベス一世がこの館に宿泊されたそうです。
私の大好きな彫刻が何カ所にも置かれ
コンテナには花が彩られ 素敵なベンチがあって
どこを見て回っても見飽きることが無かったです。
ここのレストランでは軽いランチもでき
売店も充実していていました。

P1000097sissinghurst142.jpg
チケットを買ってもらってる間に
入り口の左側の方に行ってみました。

P1000098sissinghurst142.jpg
手前にはゲラニウムとピンクの一重のバラが咲いていました。
ゲラニウムはジョンソンズ・ブルーでしょうか?
金網が張ってあったので 何か動物が来るのかしら?

P1000099sissinghurst142.jpg

P1000100sissinghurst4.jpg

P1000095sissinghurst14.jpg
さあ 行ってみましょう。
右側に歩いていけば入園口です。

P1000111sissinghurst142.jpg
入園口の近くは
ユリ カンパニューラ オルラヤ バーベナなどが
咲いていました。

P1000108sissinghurst142.jpg
石壁にはバラが這い
下の方には草花が咲いて。

P1000113sissinghurst142.jpg
塔がとても高く
見てるとクラクラします。

P1000114sissinghurst142.jpg
入ってすぐ 内側の壁にはバラが這わせてありました。

P1000116sissinghurst142.jpg
塔の上に上ってみました。
階段を何段も上がると
そこからの眺めは素晴らしかったです。
下に見えてるのは さっき入ってきた入り口です。
バラの壁で分かりますね。

P1000117sissinghurst142.jpg
右へスライドして。
白いとんがり帽子が特徴の
Oast House Exhibition が見えます。
水平線が斜めになってますがご容赦を。

P1000120sissinghurst142.jpg
左サイドにホワイトガーデンが見えていて
右の垣根の外側には
アップルツリーなどの木々が植えられていました。
ホワイトガーデンでは有名な白バラ
ランブラーローズの「Rosa Mulliganii」が
たくさん咲いています。
更に斜めになっちゃってます。(x_x)

P1000121sissinghurst14.jpg
South Cottage が右側に見えます。

P1000123sissinghurst142.jpg
こちらからはホワイトガーデンやローズガーデンが見えました。

P1000125sissinghurst142.jpg
ローズガーデンの方を。

P1000126sissinghurst142.jpg
大きな木は広く影を映し
壁沿いにはいろんな草花が咲いて。

P1000130sissinghurst142.jpg
高い塔の上には風見鶏が風の向きを教え
壁にはつるバラなどが這っています。

P1000131sissinghurst142.jpg
時間が経ってきて 人が少しずつ多くなってきました。

P1000135sissinghurst142.jpg
向こうのゾーンへ行く壁沿いにも
いろんな草花が咲いて。

P1000136sissinghurst14.jpg

P1000137sissinghurst142.jpg
彫像の足元にはアルケミラモリスが咲き
両側はボーダーになっています。
右側には赤紫のバラや白バラ そしてホスタ。 
左にはアリウムかな。

P1000138sissinghurst142.jpg
右側にはピンクのバラ アイリス カンパニューラなど
左側にはクレマチスが咲いて。

P1000141sissinghurst142.jpg
曲線的な壁にはバラやクレマチスが這い
手前にはユリやいろんな草花が咲いて。

P1000141sissinghurst143.jpg
ワイドタイプで。

P1000143sissinghurst142.jpg
高い2本の木はポプラでしょうか?
それとも糸杉かな?
ここのゾーンは百花繚乱と言う感じで
沢山の花が咲き乱れて素敵でした。

P1000143sissinghurst143.jpg
ワイドタイプで。

P1000144sissinghurst143.jpg
濃い赤紫のスイートピーが素敵でした。

P1000144sissinghurst145.jpg

P1000144sissinghurst144.jpg

P1000145sissinghurst143.jpg
ここも花盛り~♪

P1000145sissinghurst144.jpg

P1000145sissinghurst145.jpg
ワイドタイプで。

P1000147sissinghurst142.jpg
塔のこちら側は花で埋もれそう~

P1000149sissinghurst143.jpg
紫のクレマチスが壁一面に!

P1000149sissinghurst144.jpg

P1000149sissinghurst145.jpg
ワイドタイプで。

Rosa Princess Marie
P1000151sissinghurst142.jpg
ここのガーデンで気に入った淡いピンクのバラです。
日本で扱ってると良いんだけど。

P1000154sissinghurst142.jpg
刈り込まれた低い木で
それぞれのゾーンが区画されています。

P1000154sissinghurst143.jpg
ちょっとズームして。

P1000156sissinghurst142.jpg
バラの後ろではクレマチスが咲いて。

P1000156sissinghurst143.jpg
ワイドタイプで。

P1000157sissinghurst142.jpg
白い花は 小さい花が幾つも集まって
一房を形成しています。
何ていう名前かな~?

P1000158sissinghurst142.jpg
ユリ アイリス カンパニューラ バラ デルフィニューム
サルビアなど 色々咲いて。

P1000158sissinghurst143.jpg
ワイドタイプで。

P1000159sissinghurst142.jpg
アイリスのブルーが清々しいですね。
ユリは外側の花弁がピンクっぽく
形は鉄砲ユリに似ていました。

P1000160sissinghurst144.jpg
いろんな色の花が入り交じって。

P1000160sissinghurst145.jpg

P1000160sissinghurst146.jpg

P1000160sissinghurst147.jpg
ワイドタイプで。

P1000161sissinghurst143.jpg
壁沿いはボーダー的に。

P1000161sissinghurst144.jpg

P1000162sissinghurst142.jpg
向こうへの入り口はこんな風に。

P1000165sissinghurst142.jpg
ホワイトガーデンには
何種類の花が咲いているんでしょうね。

P1000167sissinghurst142.jpg
白でもいろんな姿形がありますね。

P1000168sissinghurst143.jpg
塔の上に上がってみたランブラーローズが
近くで見ると素敵に咲いていました。

P1000168sissinghurst144.jpg

P1000171sissinghurst14.jpg
木の枝で作ったオベリスク風のが自然で良いですね。

P1000172sissinghurst14.jpg

P1000173sissinghurst142.jpg
別の角度から。

P1000175sissinghurst142.jpg
花の間から塔が見えて。

P1000176sissinghurst143.jpg
ここにはワインレッドのバラがいっぱい!

P1000176sissinghurst144.jpg

P1000177sissinghurst142.jpg
みんな 吸い寄せられるように
このホワイトガーデンに来てますね。

P1000178sissinghurst142.jpg
木の枝の入り口も素敵です。

P1000180sissinghurst142.jpg
塔の上に何人か上っていますね。

P1000188sissinghurst142.jpg
グルーっと回ってもう一度。
今度は人が増えてました。

P1000184sissinghurst142.jpg
ライムウォークの所に行ったら
川は緑の藻に埋め尽くされ
向こう側には素敵な彫像が。

P1000189sissinghurst14.jpg
South Cottage が小道の左側にあります。

P1000191sissinghurst142.jpg
塔の下の階段は
一休みするのに調度良いみたいですね。

Hoheria lyallii /マウンテンリボンウッド
P1000193sissinghurst142.jpg
ここで気に入ったお花です。
名前は何かな~と思ってたら
入り口の所に名札が付いてありました。
帰って調べたみたら
日本では扱ってないような・・・
でも 売ってるお店があったら
教えてくださいね。

P1000194sissinghurst142.jpg
壁にはバラがいっぱい!

P1000197sissinghurst142.jpg
入り口の右側を。

P1000198sissinghurst142.jpg
左側を。

P1000207sissinghurst142.jpg
入り口には高くつるバラが這って素敵です。

P1000211sissinghurst142.jpg
壁にはいろんな草花が這って。

P1000208sissinghurst142.jpg
入園口の外側にも素敵なガーデンがありました。

P1000217sissinghurst142.jpg
キッチンガーデンの方を。
ここからはかなりあるということで行きませんでした。

P1000219sissinghurst142.jpg
木で作られたイノシシの親子が
とても可愛かったです。
車で来てれば欲しかった!

P1000096sissinghurst142.jpg
入園する前の所に 白い帽子を被ったような屋根の家が
ありました。
ここは 昔 牧草を入れてた所で
上から空気が通り抜けるように
なってたとか。
一番上の白い部分が面白いですね。
ここに来る途中 
このような家を何度も見ました。

P1000106sissinghurst142.jpg

P1000103sissinghurst142.jpg
売店の前では 木彫りの馬が売られていました。
国内で車で行ってれば買えたんだけど・・・
残念!

P1000104sissinghurst142.jpg
ランプやウィリアム・モリスのグッズもありました。
モリスはアーツ&クラフツ運動で有名で
イングリッシュローズにもその名を冠したバラがありますね。
我が家では 門のアーチの所で咲いてくれています。

P1000223sissinghurst142.jpg
糸杉なのかポプラなのか?
どちらにしても とても背が高く
見上げると首が・・・

P1000225sissinghurst14.jpg
売店は2カ所あって 駐車場の近くの方は
園芸店になってて バラや草花 園芸グッズなどが
ありました。

P1000226sissinghurst142.jpg
帰り道 駐車場近くは木で作った柵が
ナチュラルな雰囲気です。

**************************************************************

パノラマタイプは  こちら です。

旅行記として「花そよそよ」でもアップしてますので
そちらの方でもご覧ください。

「花そよそよ」
シシングハースト・キャッスル・ガーデン/ Sissinghurst Castle Garden
こちら からご覧ください。

フォトチャンネルは
こちら からご覧ください。

- 2014. 6/22 Photo  Panasonic Lumix TZ60 -
  1. 2014/08/02(土) 23:01:12|
  2. 英国ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旬の花時計

プロフィール

smomo

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。