バラの小箱

うつろう庭のバラと花たちをとどめて・・・

☆☆☆
アクセスカウンター
旅とも洋画DVD通販カラコンライフティント
☆☆☆
10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
*********************************************************************************************

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Jubilee Celebration



Jubilee Celebration(ER)
ジュビリー・セレブレーション
- David Austin(英)/2002年 -

四季咲き性
花径 9cm~12cm
香り ラズベリーやレモンの香り(強香)
高さ 150cm

交配 Golden Celebration x Seedling

Jubilee Celebrationとは
50年・25年などの記念祭を祝うと言う意味のようですね。
エリザベス女王の王位50周年を記念して
名付けられたバラだそうです。
王位記念と言うことなので 素晴らしい品種なのでしょうね。

絶不調で やっと咲いてくれました。(6/29)


DSC03771ktu5jubilee.jpg
チョッと上の方から撮ってみました。
この色合いが何とも言えませんね。
上の2枚は新しいデジで撮りました。


DSC07490ktu3jubilee.jpg
こちらからは古い方で。
暑いので 咲いたらすぐ開いちゃいますね。


DSC07497u3jubilee.jpg
チョッとだけ角度を変えて。


DSC07619tu3jubilee.jpg
アップで見ると 花芯が素敵ですね♪


DSC04363u3jubilee.jpg
9月も終りになって一輪だけ咲きました。
コロンとして可愛いです。
状態が悪いので花びらの枚数が少ないですね。(9/29)


DSC04364u3jubilee.jpg
秋の色のほうが良い感じ~♪

ご臨終に近い弱った状態なのに 
頑張って咲いてくれました。感謝~~~!
スポンサーサイト
  1. 2005/11/30(水) 09:17:44|
  2. English Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Comtesse Cecil de Chabrillant



Comtesse Cecil de Chabrillant(HP)
コンテス・セシル・ド・シャブリラン
- Marest(仏)1858年 -

返り咲き性
カップ咲き
花径 5~6 cm
香り 中香
高さ 120~215 cm

交配 Seedling of Jules Margottin

緩いカップで咲き始めました。(5/18)


DSC09051u3chabrillant.jpg
翌日(5/19)
ほんの少し ほぐれてきたかな~


DSC09166tu3chabrillant.jpg
もう1輪の方も折り畳まれたような感じ~(^^;)


DSC00071tu3chabrillant.jpg
4日後(5/23)
この日は雨に濡れて。。。

DSC00331tu3chabrillant.jpg
翌日(5/24)
少しほぐれてきました。
花びらが少ないのは まだ1年目だから
本調子じゃないのかな~?


DSC07569ktu3chabrillant.jpg
6月になって(6/29)
せっかく素敵に咲いてくれたんだけど
雨の雫がたっぷり過ぎて。。。(^^;)
  1. 2005/11/29(火) 23:17:34|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Botzaris



Botzaris(Damasks)
- M. Robert(仏)/1856年 -

一季咲き性
香り ダマスク香(強香)
高さ 100 ~ 155 cm

交配 Unknown

微妙な色合いで咲き始めました。(5/22)


DSC03504tacu1botzaris.jpg
4日後(5/26)
ふわふわ~綿菓子のよう~♪


DSC03505tacu1botzaris.jpg
もう一つの方もふんわり~
花びらの質感が何とも言えない♪


DSC01299tu3botzaris.jpg
翌日(5/27)
光を浴びると更にふわぁ~っと♪


DSC01302tu3botzaris.jpg
蕾はこんなにコロンコロンしてます。
薄い花びらが 淡淡~の色でますます雰囲気が良くって♪


DSC01303ktacu9botzaris.jpg
全体としてはこんな感じで咲いています。
直立性で 棘が多いのが難点かな~


DSC01846tacu3botzaris.jpg
1日置いて(5/29)
お日さま 浴びすぎたかしら?
日傘を差してあげれば良かったかな~(^m^)


DSC01850tacu3botzaris.jpg
1年目だからかしら?
こんな風に歪に咲く子も幾つか。。。
でもお花の雰囲気は良いんですよ。


DSC02191tu3botzaris.jpg
この日は雨に濡れて。。。
小さな雫がぷつん ぷつん~(5/30)
  1. 2005/11/28(月) 00:18:32|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Prince



The Prince(ER)
ザ・プリンス
- David Austin(英)/1990年 -

四季咲き性
花径 10cm
カップ型ロゼット咲き
オールドローズの香り  強香
直立性
高さ 70cm~90cm

交配 Lilian Austin x The Squire

英仏間の100年戦争の戦いで勇名を馳せた
イギリスの黒太子 Edward(Black Prince,Edward)に
ちなんで名づけられました。
イギリスでは「黒」=「プリンス」のイメージがあるようです。

復活して 秋遅くやっと咲いてくれて
とても嬉しい~♪(11/24)


DSC00335u3prince.jpg
前後しますが 
咲き始めもダークでとっても素敵な色~♪(11/23)


DSC00386u3prince.jpg
翌日(11/24)
朝の光を少しだけ浴びて~


DSC00399tu3prince.jpg
アップで。


DSC00515tacu3prince.jpg
更に次の日(11/25)
花びらが反り返ってきましたね。


DSC00509acu3prince.jpg
反対側から~
  1. 2005/11/27(日) 23:15:24|
  2. English Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Princess of Wales

DSC05704tu3princesswales.jpg

Princess of Wales(FL)
プリンセス・オブ・ウェールズ
- Harkness(英)/1997年 -

四季咲き性
花径 6~8cm
中輪房咲き性
多花性
樹高 60~90cm
強健種

交配 Unknown

故ダイアナ妃に捧げられたバラです。
売上の一部は ハークネス社を通じて 
英国肺病基金に寄付されています。

アイボリー色のカップで咲き始めました。
少しひらひら感があって好きなお花です。((5/13)



翌日(5/14)
雨に濡れて咲きました。


DSC06316tu3princesswales.jpg
1日置いて(5/16)
シベがとても素敵~♪


DSC06393tu3princesswales.jpg
翌日(5/17)
清楚な白が好きです。
  1. 2005/11/26(土) 22:41:02|
  2. Harkness
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”バラ大百科” 3/16発売予定♪



NHK出版より ”バラ大百科”が出版されます。
来年の3月16日発売予定ですが
待ち遠しいですね!

この本は 980品種を5人の方が解説しています。
私たちにいつもバラの育て方を教えてくださる
三越日本橋本店チェルシーガーデンの
有島薫さん(フレグランスさん)も 
そのメンバーのお一人です。
有島さんは ER70品種 OR,他で約200品種を
解説していらっしゃいます。
一足早くに見せていただきましたので
本の紹介をさせていただきますね。

左の本が春に発売される”バラ大百科”です。
本屋さんで目を引くような赤い表紙ですね。
素敵なバラたちで溢れていますよ♪
AB版 416ページ 980品種 3,360円です
2cm位の厚みでこのお値段お安いですね。 

右側の本は”バラのコンテナガーデン”です。
有島さんが執筆され 小学館から去年の10月20日に
出版されています。
こちらの本も 育て方が詳しく載っていますよ。


DSC00457ktu7mokuji.jpg
Redoute の絵の目次もグッドですよ♪

 
DSC00453tu9niwa.jpg


DSC00455ktu9niwa.jpg
↑の2枚の画像のように 個人宅のバラでの植栽が
数ページ載ってて とても参考になりますよ。


DSC00461ktu7niwairasto.jpg
庭のレイアウトが図解で説明されてます。
どこに何を~って参考になりますね。

DSC00468tu7hinnsyu.jpg
品種別に詳しく載っています。
Souvenir de la Malmaison の異変種も
同じページに記載され 違いがよく分かりますよ。
イラストで ポット、庭植え、アーチ可とか
植えるのに適した場所も載ってて
とても参考になりますよ。

春まで待ち遠しいですね~~
早く出版されると良いですね♪(^-^)
  1. 2005/11/25(金) 21:08:20|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Honey Bouqet

DSC07653tu3honeybouqet.jpg

Honey Bouqet(FL)
ハニーブーケ
- J&P(米)/2000年 -

四季咲き性
花径 10cm
半剣弁抱え咲き 
房咲き性
多花性
香り 中香
半直立性
高さ 0.9~1m
強健種
愛らしいクリーム色で咲きました。(5/29)


DSC07850ktu3honeybouqet.jpg
3日後(6/2)
花びらが内側にカールして可愛い♪


DSC07956t1honeybouqet.jpg
更に3日後(6/5)
蕾は 黄色に杏色がほんの少し
入ってるような気がします。
花びらが少し傷んでて。m(_ _)m

この後 8月に咲いたんだけど
花びらがとっても少なくって
シベまで見えて 貴女だぁれ?デシタ。(^m^)
  1. 2005/11/24(木) 00:18:07|
  2. Modern Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rosa Mundi



Rosa Mundi(Gallica)
ロサ・ムンディ
- 1581年以前 -

一季咲き性
花径  5cm~7cm
オープン・カップ型
香り 中香
高さ 90cm~120cm
強健種

別名 R. Gallica Versicolor
   ロサ・ガリカ・ウェリシカラー

イギリスのキング”ヘンリー2世”の愛人であった
”Rosamund Clifford”から名付けられたそうです。

交配 Sport of R. gallica officinalis

ストライプのお花が咲きました。
シベがとっても素敵です♪(5/17)


DSC06641tu3mundi.jpg
翌日(5/18)
真正面からになっちゃって。。。(^^;)


DSC06770tu3mundi.jpg
更に次の日(5/19)
北側の壁際に植えてるので
ひどいうどん粉病に。。。(>_<)


DSC06915tu3mundi.jpg
咲き始めのコロンとしたこの感じが好きなの♪(5/20)


DSC06963tu3mundi.jpg
白とピンクのストライプが素敵~♪(5/21)


DSC07065tu3mundi.jpg
開ききる前のこの感咲き方も
気に入っています♪(5/22)


DSC07254tu3mundi.jpg
ひらひら感もあって可愛いですよ♪(5/23)

この後 幾つか咲いてくれたのですが
うどん粉病がひどくって。。。
今年 鉢上げしたので 来年に期待~(^m^)
  1. 2005/11/23(水) 23:04:46|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

La France



La France
ラ フランス
(HT)
- Jean-Baptiste GUILLOT(仏)/1867年 -

四季咲き性
花径 10cm
剣弁高芯八重咲き
立ち性
香り Damask系(強香)
高さ 100cm

HT系最初のバラ
Modern Roseの先駆けとなった
歴史的な品種です。

和名 天地開

交配  Mme. Victor Verdier X Mme. Bravy

夕方になって 咲き始めてきました。
コロンとしてますね~
花びらが傷んでて。。。m(_ _)m・・・6/26


DSC07191tu3lafrance.jpg
暑いせいか 翌朝にはシベが見えてました。
でも この咲き方好きかな~♪(6/27)


DSC07195tu3lafrance.jpg
反対側から~

チビ苗が中々大きくならず
一輪だけ咲きました。
気難しいバラなんでしょうね。
  1. 2005/11/22(火) 22:09:49|
  2. Modern Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tipsy Imperial Concubine



Tipsy Imperial Concubine(Tea)
ティプシー・インペリアル・コンキュバイン
作出年不明
(イギリスのロザリアン Hazel Le Rougetel 氏が中国で発見したバラだそうです。)
- Introduced Beals 1982年 -

辞書で調べてみたら 名前の意味は
Tipsy・・・ほろ酔いの
Imperial・・・皇帝の
Concubine・・・正妻以外の夫人

このお花が咲いたとき 名前の”ほろ酔い”のように
淡いピンクに濃ピンクが花縁にかかり
とても素敵でしたよ。

四季咲き性
中大輪 八重咲き
香り 強香
高さ 100cm

交配 Unknown

蕾をいっぱいつけて色づいてきました。
気難しやさんなので この中で咲いてくれるのは
幾つかなぁ~?(6/15)


DSC05830u3tipsy.jpg
ほんのりピンク~♪


DSC06059ktu3tipsy.jpg
3日後(6/18)
まだ固そう~(^^;)


DSC06061tu3tipsy.jpg
こっちは更に固そう~(>_<)


DSC06355tu5tipsy.jpg
1日置いて(6/20)
やっとここまで~
花びらがクシャクシャに。。。(^m^)


DSC06542tu3tipsy.jpg
翌日(6/21)
ピンクに黄色が混じり微妙な色です。
中心部がまだ開かないですね。


DSC06662tu5tipsy.jpg
更に次の日(6/22)
花びらが薄くて 雨で融けてしまいそう~
ちょっとだけ写ってる蕾が 開かないうちに
茶色になってきてます~(>_<)


DSC06666ktu3tipsy.jpg
反対側から~


DSC06782tu3tipsy.jpg
もう一輪 やっと咲き始めました。
クリームに淡いピンクがかって
素敵な色です~♪(6/23)


DSC06805tu3tipsy.jpg
大分開いてきました。
でも まだ歪な感じですね。(6/24)


DSC06976tu3tipsy.jpg
クシュクシュ感が やっぱり良いですね♪(6/25)


DSC06979tu3tipsy.jpg
中心部は こんなに素敵なんですよ~♪

あんなにあった蕾なのに 結局
2輪だけしか咲きませんでした。
やっぱり気難しやさんなんでしょうか?
雨が多いときに咲く時期が当っちゃったかしらね~


DSC08961tu3tipsy.jpg
11月になって一輪だけ咲いてくれました。
淡いクリーム色でしたよ~
でも寒いせいか やっぱり開くのが大変だったみたい~(>_<)・・・11/1

去年7月の末に咲いたのは綺麗だったから
暑くなってから咲くように調節するといいのかしらね?
来年こそはうまく咲いてくれると良いなぁ~
  1. 2005/11/21(月) 22:03:39|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Edelweiss(Snowline)

DSC09446tu3edelweiss.jpg

Edelweiss(FL)
エーデルワイス
(別名 Snowline スノーライン)
- Poulsen Roser A/S. Denmark /1970年 -

花径 7cm
四季咲き性
形さ 60cm * 50cm
ティの香り 中香

Edelweissとは
ドイツ語で「高貴な白」を意味します。
別名 雪の線
Snowlineは万年雪のある最低限界線のことですが

交配  Pernille Poulsen x White Jewel

オフホワイトにアイボリーがかった
素敵な色で咲き始めました。(5/20)


DSC09447tu3edelweiss.jpg
チョッと近づいて~


DSC09784ktu3edelweiss.jpg
翌日(5/21)
中心の花の巻きが良いですね♪


DSC09785ktu3edelweiss.jpg
横顔も素敵ですよ♪


DSC03365tu3edelweiss.jpg
新しいデジでも撮ってみました。
微妙に 色がこっちが良いかな~


DSC01120tu1edelweiss.jpg
しばらく経って(5/26)
今回はクリーム色が強く出てますね。


DSC04995tu3edelweiss.jpg
6月になって咲いたけど
スリップスの被害で。。。(6/11)


DSC04997u3edelweiss.jpg
この日のをもう一枚~


DSC02401tu3edelweiss.jpg
真夏になって咲いたお花は
剣弁で淡いピンクに~
春のお花とは全然違ってますね。(8/23)
  1. 2005/11/20(日) 23:52:57|
  2. Modern Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mimi Eden 



Mimi Eden
ミミ・エデン
(Florists rose)
- Meilland(仏)/2000年 -

四季咲き性
花径 5cm
カップ咲き
房咲き性
香り 微香
高 90cm

可愛らしいお花が咲き始めました。
ペパーミントグリーンがかった蕾と
ピンクのお花が素敵です。(5/22)


DSC00170tu5mimieden.jpg
翌日(5/23)
昨日とそんなに変わってないかしら~?
うどん粉まみれになって。
3年経たないとダメとか。。。(^^;)


DSC00414tu5mimieden.jpg
更に次の日(5/24)
そんなに変わってないですね~
花持ちが良いのも考えもの?(^m^)


DSC00905tu5mimieden.jpg
雨に濡れても 同じ状態~(^^;)
でも この咲き方は可愛らしいですね。(5/25)


DSC01150tu5mimieden.jpg
ほんとに花持ちが良いですね。(^m^)・・・5/26


DSC01505tu5mimieden.jpg
蕾が咲いてこないですね。
いったいどうしたんでしょう?(5/27)

この後 蕾は開かず 
お花も散ってしまいました。
他の鉢のバラと同じように
育ててるつもりなんですが。。。
  1. 2005/11/19(土) 22:46:30|
  2. Modern Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Francine Austin



Francine Austin(ER)
フランシーヌ・オースチン
- David Austin(英)/1988年 -

四季咲き性
花径 3cm
丸弁咲き
小輪房咲き性
香り 微香
高さ 120×150cm
横張り性

Austin の義理の娘さんの名前から
名づけられました。

可愛いお花が咲いてきました。(5/15)


DSC06198u5francineaustin.jpg
青いデルフィニュームとお似合い~♪


DSC06932tu3francineaustin.jpg
6日後(5/21)
Snow Goose より花びらが広くって
やさしそうな雰囲気のバラです。


DSC06931u5francineaustin.jpg
近くにはカンパニューラも♪


DSC07029u7francineaustin.jpg
翌日(5/22)
カンパニューラの花の大きさで
Francine Austin の小ささが分かりますね。


DSC01413t1francineaustin.jpg
7月になって咲きました。
暑いせいか 花びらが反り返っています。(7/21)


DSC03149ktu3francineaustin.jpg
8月にも咲いちゃいました。(^^;)
真夏だから平べったくなっちゃいますね。(8/21)
  1. 2005/11/18(金) 21:08:49|
  2. English Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Felicite Parmentier



Felicite Parmentier(Alba)
フェリシテ・パルマンティエ
- Louis-Joseph-Ghislain Parmentier(Belgium)/1836年以前 -

一季咲き性
花径 6cm
クウォーター咲き
香り 爽やかな香り(中香)
高さ 120cm
ボタンアイ
強健種

交配 Unknown

青みを帯びたシルバーピンクで咲き始めました。
新苗で迎えて 一年待ってやっと会えました。(5/22)


DSC00049t1parmentier.jpg
花びらがぎっしり~♪


DSC00962tu3parmentier.jpg
4日後(5/26)
最初のお花が咲いてから撮ってなくって
このお花も咲いて時間が経ったので
少し開きすぎてますね。


DSC02535tu3parmentier.jpg
しばらく経って(6/1)
この巻きの感じが素敵なんですよ♪


DSC02882tu3parmentier.jpg
翌日はボタンアイが見えました。
蕾はコロンコロンしてますよ~(6/2)


DSC03195u3parmentier.jpg
雨の雫が溜まっちゃって。。。(^^;)・・・6/3


DSC03597ktu3parmentier.jpg
昨日に続き雨~
色鮮やかに見えるのは雨の恩恵かな。(6/4)


DSC03761tu3parmentier.jpg
ボタンアイが見え 外側の花びらは
反り返ってきました。(6/5)
  1. 2005/11/17(木) 21:58:00|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rosa centifolia Bullata



Rosa centifolia bullata(Centifolia)
ロサ・ケンティフォリア・ブラータ
- 1815年以前 -

別名 Bullata 

一季咲き性
花径 9 cm
カップ咲き 
香り 中香
高さ 150 cm
半つる性
葉っぱにシワが入ってるのが特徴

交配 R.centifolia の変異種

Bullata とは膨れたという意味です。
Redoute の繊細な絵で有名ですね。

雨に濡れて咲き始めました。(5/16)


DSC06377tu3bullata.jpg
翌日(5/17)
ゆるいカップで咲きました。
葉っぱにぷくぷく感があって レタスの葉みたい~(^^;)


DSC06568ktu3bullata.jpg
更に次の日(5/18)
少し平べったくなっちゃいました。
もっとカップで咲くのかな~と思ってたんだけど。。。(^^;)

DSC06710tu3bullata.jpg
すみません~m(_ _)m
動かせなかったので いろんなのが写っちゃって。。。(5/19)


DSC06984tu3bullata.jpg
1日置いて(5/21)
今度はコロンとして花びらがギッシリ詰まっていそう~♪


DSC06985ktu3bullata.jpg
上から撮ってみました。
花びらが傷んだのか 何枚か透けちゃってますね。


DSC07089tu3bullata.jpg
今日はボタンアイも見えて
素敵に咲きました♪(5/22)


DSC07176tu3bullata.jpg
翌日は雨で鮮やかに~(5/23)


DSC07177ktu3bullata.jpg
もう1輪は可愛く咲きましたよ♪


DSC07473ktu3bullata.jpg
3日後(5/26)
カップが緩くなってきましたね。

DSC07474ktu3bullata.jpg
こちらの方は 色が濃いですね。
ボタンアイもクッキリ~


DSC07552ktu3bullata.jpg
少しひらり感も。(5/27)
  1. 2005/11/16(水) 21:33:40|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rose de Rescht



Rose de Rescht(Portland)
ローズ・ドゥ・レッシュ
- 1900年以前 -

返り咲き性
花径 6~7cm
クウォーター咲き
リピート性 強
ダマスクの香り 強香
高さ 90~120cm

英国の”Nabcy Lindsay”が
ペルシャの古い都市『Rescht』の庭園で発見したことから
”Rose de Rescht”と名づけられたそうです。

背が低いので埋もれてて
いつの間にか咲いてました。(6/20)


DSC06544tacu3rescht.jpg
翌日(6/21)
蕾も上がってきてて その一輪~


DSC06545ktacu1rescht.jpg
もう1輪はコロンとして。


DSC06673ktacu3rescht.jpg
更に次の日(6/22)
雨に濡れ 雫がたっぷりすぎて。。。(^^;)


DSC06674tacu1rescht.jpg
雫がまんまるのが幾つも~


DSC06699tacu3rescht.jpg
雨続きで。。。(6/23)
雫がキラキラしてキレイ~
でも 雨が続くと花びらが傷んじゃって。。。


DSC06899tacu3rescht.jpg
1日置いて(6/25)
シベがクッキリ~
葉っぱが水切れで少し茶色に。(>_<)


DSC09554acu3rescht.jpg
7月になってまた咲きました。
暑いので開いちゃったけど可愛いお花です♪(7/14)


DSC09556tacu5rescht.jpg
アップで。
この色をもう少しダークにした感じの赤紫色です。
  1. 2005/11/15(火) 21:09:49|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mme Laurette Messimy



Mme. Laurette Messimy
マダム・ローレット・メシミー
- Guillot-Massad (Cremieu)仏/1887年 -


”秘密の花園”を書いた Burnett 女史が
愛したバラだそうです。
このバラを300本も植えて
女史の書斎から見渡せたそうですよ。

四季咲き性
花径 5-6cm
緩いカップ咲き
香り 微香
高さ 100cm
横張り性
棘 少な目

交配 Rival de Paestum × Mme. Falcot

可愛らしいお花が咲き始めました。(5/23)


DSC00321tu3messimy.jpg
翌日(5/24)
ほんの少しだけ咲き進んだかしら~
ひどいうどん粉病になってしまって
砂糖水をシュッシュッしたので
葉っぱがテカテカ~(^^;)


DSC01793ktu3messimy.jpg
6日後(5/29)
今度は葉っぱが黄ばんできて。(>_<)


DSC02153tu3messimy.jpg
翌日(5/30)
いろんな形で咲くお花です。


DSC06054ktu3messimy.jpg
しばらく経って(6/17)
優しい雰囲気ですね。


DSC06055tu3messimy.jpg
シベが花びらの影からチョッとだけ見えてますね。


DSC06049ktu12messimy.jpg
アップで。


DSC06056ktacu3messimy.jpg
一緒に♪
葉っぱが汚くってごめんなさいm(_ _)m


DSC06123tu3messimy.jpg
翌日(6/18)
可愛い咲き方♪


DSC06120ktu3messimy.jpg
見上げてごらん~(^m^)

この後 7月末にも咲いてくれたのですが
あっという間に開きすぎちゃって
撮れませんでした。
  1. 2005/11/14(月) 21:08:08|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Mousseline



Mousseline/Alfred de Dalmas
(Moss)
ムスリーヌ/アルフレッド・ドゥ・ダルマス
- Jean Laffay(仏)/1855年 -

花径 8cm~10cm
中輪八重カップ咲き
高さ 90cm~120cm
返り咲き性
甘い香り 中香
横張り性
半日陰に強い
強健種

交配 Unknown

名前のムスリーヌは
イラクの都市 モスル(Mosul)から生じたと
言われているそうです。

植え替えをしたら 
本体の方がご臨終になってしまい
挿したのがうまく着いて
今年咲いてくれました。ホッ!(6/1)



逆サイドからのも可愛いでしょ~♪


DSC02692tu3mousseline.jpg
チョッと近づいて。
ふんわりした感じが好き~♪


DSC03090tu3mousseline.jpg
気温が高いせいか 翌日には全開状態に
なりました。
でも優しそうな色~♪(6/2)


DSC03146ktu3mousseline.jpg
更に次の日(6/3)
少し褪色してきて とっても淡~いピンクに。


DSC03145tu3mousseline.jpg
反対側から~


DSC03421u7mousseline.jpg
9月になったら咲きましたよ~♪
ほとんど白に近いですね。(9/10)


DSC03424tu3mousseline.jpg
反対側から~


DSC03426u2mousseline.jpg
少し近づいて。
シベがクッキリ 金色のよう~♪
  1. 2005/11/13(日) 22:55:15|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Crown Princess Margareta

DSC05922tu3margareta.jpg

Crown Princess Margareta(ER)
クラウン・プリンセス・マルガリータ
- David Austinイ英)/1999年 -

花径 10cm
ロゼッタ咲き
フルーティな香り(強香)
高さ 120cm~180cm

枝は長く伸びてアーチングします。

イギリスのヴィクトリア女王の孫娘「Margareta」に
ちなんで名づけられました。
マルガリータ王女は 庭造りを愛好した方だそうです。

ロゼット咲きのお花が咲きました♪
黄色にほんの少しアプリをブレンドしたような
素敵な色ですよ~♪
残念なことに この一枚しかフォトがありません~(>_<)・・・(5/14)
  1. 2005/11/12(土) 14:24:24|
  2. English Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gloire de Dijon



Gloire de Dijon
グロワール・ドゥ・ディジョン
(Climbing Tea/Noisette)
- Jacotot(仏)/1853年 -

四季咲き性
花径 10cm
中輪クォーターロゼット咲き
フルーティーな香り  強香
高さ 250cm~360cm
強健種
和名 千里香

『Old Glory Tea Rose』と呼ばれ
(Old Glory=古き栄光)
古くから世界中の人々に愛され続けているバラです。

Gloire de Dijon の
Gloireは栄光を意味し
Dijon は ワインの生産地ブルゴーニュ地方の街であり
14~15世紀 現在のベルギーやオランダをも傘下に治めて
フランス王家を凌ぐ権勢をふるっていた
ブルゴーニュ公国の首都でした。

ERのジェーン・オースチンの祖先にあたります。

交配親 Despre A Fleur Jaune x Suv.la Malmaison
(イングリッシュローズのアプリコットの祖になった品種です。)

微妙に入り混じった色で咲き始めました。(5/28)


DSC01757tu3dijon.jpg
夕方には少しピンクが多めになってきました。


DSC01862u3dijon.jpg
翌日(5/29)
真正面すぎたかしら~(^^;)


DSC01863tu3dijon.jpg
まだ解れてきてないけど クシュクシュ~


DSC02215u3dijon.jpg
更に次の日は雨。
まだ そのまま~(5/30)


DSC04025tu1dijon.jpg
しばらく経って(6/7)
折りたたまれたように咲いてきました。


DSC04027tu3dijon.jpg
この色とクシュクシュの花びらが良いですね♪


DSC04107tu3dijon.jpg
雨に濡れても良い感じ~


DSC04141tu3dijon.jpg
お昼過ぎには開いて♪
クシュクシュ感は健在~


DSC04239tu3dijon.jpg
翌日(6/8)
クリーム色にアプリとサーモンピンクがちょっと入って♪


DSC06232t1dijon.jpg
しばらくして(6/19)
外側の花びらがかじられちゃって。。。
でも中心は素敵~♪


DSC06336ktu3dijon.jpg
3時過ぎには全開状態に。
アプリがチョッとで ピンクが強くなってますが
暑いせいかしら~?
  1. 2005/11/11(金) 22:37:14|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jacques Cartier



Jacques Cartier(Portland)
ジャック・カルティエ
- Moreau-Robert(仏)/1868年 -

返り咲き性
花径 8cm
ダブル、ロゼット咲き
香り 強香
高さ 90cm~120cm

フランスの探検家 Jacques Cartier の名を
冠しています。

彼は コロンブスやマゼラン時代の後 
16世紀 主に北米大陸の探検を行い
プリンス・エドワード島等を発見しています。
フランスによるカナダ領有の基礎を築いた人です。
プリンス・エドワード島は「赤毛のアン」を
執筆した”Lucy Maud Montgomery”が
生まれ育った島ですね。

Jacques Cartier として知られているこのバラは
本来は Marquise Boccela ではないかと?
Jacques Cartier は もう失われてしまったバラでは?とも。。。

浅いカップ型で咲き始めました。(5/20)


DSC09427tu3cartier.jpg
上から撮ってみました。
花びらが密に詰まってますね。


DSC09430tu5cartier.jpg
チョッと引いて。
L'Abundance と一緒に。


DSC03350tu3cartier.jpg
翌日は素敵に開いてくれました♪(5/21)


DSC00153tu3cartier.jpg
更に次の日は全開状態 ひらり~(5/22)


DSC00164tu3cartier.jpg
チョッと雨にぬれて~
波打つ花びらが素敵です♪(5/23)


DSC08591tu3cartier.jpg
6月になって2番花が咲いたんだけど
お花が傷んで写真が撮れませんでした。
その後 7月になってまた咲きました。
でも歪に咲いちゃって。。。(7/7)

今年は移動したせいか不調でした。
来期に期待~
  1. 2005/11/10(木) 19:29:11|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Celine Forestier



Celine Forestier(Noisette)
セリーヌ・フォレスティエ
- Vicor Trouillard(仏)/1842年 -

返り咲き性(良好)
花径  5cm~7cm
ロゼット咲き
房咲き性
香り ティー香(中香)
ボタンアイ
つる性
高さ 300cm~450cm

可愛らしい Noisette のお花が
咲いてきました。(5/7)


DSC04419ktu3celine.jpg
翌日(5/8)
チョッとだけ咲き進んだかしら~


DSC04730u3celine.jpg
更に次の日(5/9)
黄色味が強くなってきて
レモンイエローのような色になりました。


DSC05021t1celine.jpg
今日はロゼット咲きになりました♪(5/10)


DSC05024tu5celine.jpg
一緒に~♪


DSC05324tu3celine.jpg
俯いて咲くので 撮るのが。。。(^^;)・・・5/11


DSC01397tu3celine.jpg
7月になって咲いたお花はフリフリ~♪
アプリが入って 色も微妙なグラデーションに
なって素敵~♪(7/21)


DSC01393tu3celine.jpg
横顔も素敵ですよ~♪


DSC01520ktu3celine.jpg
翌日(7/22)
更にフリフリに。


DSC01628ktu3celine.jpg
3日後(7/25)
暑いからすぐ開いてしまうけど良い色~♪

この後 8月、10月にも咲いてくれたんだけど
撮るタイミングが合わず~(^^;)
  1. 2005/11/09(水) 11:41:27|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mme Ernst Calvat



Mme. Ernst Calvat(Bourbon)
マダム・エルンスト・カルバ
- Joseph, Widow, André SCHWARTZ(仏)/1888年 -

四季咲き性
花径 8 cm
ディープカップ型
ロゼット咲き
香り 強香(オールドローズ香 + ラズベリー香)
高さ 150~210 cm

交配 Madame Isaac Pereireの枝変わり

花びらがギッシリ詰まっていそうな
ぷっくらした蕾ですね。(5/28)


DSC01575tu3calvat.jpg
幾つか蕾が上がってきていますね。
Red Eden と一緒に~


DSC01773u3calvat.jpg
翌日(5/29)
蕾を紹介しますね。
先ずは 一番固い蕾を。
花べりにグリーンが少し入ってぷっくら~


DSC01770tu3calvat.jpg
次のは少し開いてきてますね。


DSC01772u3calvat.jpg
3つ目のは 外側が開いてきて
少しフリルっぽく~♪


DSC01771tu3calvat.jpg
一緒に~


DSC03584tacu9calvat.jpg
少し引いて Red Eden と共に♪
(この一枚は新しいデジで)


DSC02146ktu3calvat.jpg
更に次の日(5/30)
クルクル巻いて♪


DSC02149tu3calvat.jpg
外側の花びらが小さく波打って♪


DSC02147u5calvat.jpg
こっちも可愛いでしょ~♪


DSC02148tu5calvat.jpg
一緒に~


DSC02145tacu7rededen.jpg
チョッと引いて。
Red Eden と一緒に~

DSC02136tu7leveque.jpg
更に引いて。
Red Eden や Mme Louis Lévêque と共に~


DSC02370tu5calvat.jpg
今日は 右上のお花に
シベが見えてきましたよ。(5/31)


DSC02369ktu5calvat.jpg
3輪 共に~


DSC02493tu3calvat.jpg
中心部はふんわり~♪(6/1)



DSC02488tu5calvat.jpg
手前の蕾 コロンコロンしてますね~


DSC02491tu3calvat.jpg
この子は中々咲ききれないようで~


DSC02492tu3calvat.jpg
真上からも撮ってみました。(^m^)


DSC02489tu7calvat.jpg
この日の全体像です。
Red Eden もチョッとだけ写って。


DSC02485tu9calvat.jpg
少し引いて。
Red Eden や Mme Louis Lévêque と一緒に。


DSC02818tu3calvat.jpg
キレイなロゼット咲きになりましたよ♪(6/2)


DSC02819tu5calvat.jpg
チョッと引いて。


DSC02821tacu3calvat.jpg
中心部はキレイに咲いたんだけど
ほかは歪になっちゃいました。(>_<)


DSC02817ktu3calvat.jpg
ロゼット咲きって素敵ですよね♪


DSC03120tu3calvat.jpg
ボタンアイがクッキリ~
水切れを起こした葉っぱは治らないですね。(6/3)


DSC03118tu5calvat.jpg
外側の花びらが大分反り返ってきました。


DSC03718tu3calvat.jpg
1日置いて(6/5)
あれ~ 絞りの蕾が咲きそう~
Madame Isaac Pereireの枝変わりだからかしら。。。
Pereireの色が少し混じったのかしらね?


DSC03810tu3calvat.jpg
気になっていたので ちょこちょこ見にいってました。
2時間後には 少し開いてきてましたよ~


DSC03821tu3calvat.jpg
夕方にはボタンアイが見えてきました。
絞りの雰囲気も良いですね♪


DSC03861t1calvat.jpg
翌日(6/6)
濃い色の部分がアクセントになって素敵~♪


DSC03860tu5calvat.jpg
こっちの方が美人かしら~?(^^;)


DSC03975tu5calvat.jpg
更に次の日(6/7)
咲き進んで 外側の花びらが反り返ってきて
ボタンアイもくっきり~


DSC03976t1calvat.jpg
反対側からも~

1枝だけ絞りのバラが咲いたので
この枝は伸ばしっぱなしにして 
冬に挿し木をしてみようかな~と思ってます。
絞りだけの Calvat が咲いてくれると良いなぁ~と
取らぬタヌキの皮算用~(^^;)
  1. 2005/11/08(火) 12:26:06|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Red Eden

DSC08787tacu32rededen.jpg

Red Eden(CL)
レッド・エデン
(ロマンティカローズ)
- Meilland(仏)/2004年 -

別名 Eric Tabarly(エリック・タバリー)

交配 DELsap x KORtello

返り咲き性
花径 9cm~12cm
ディープカップ型 ロゼッタ咲き
香り 微香
照り葉
高さ 300~450cm

花形や樹形が Pierre de Ronsard(Eden Rose) に
似ているので この名前がついたようです。

有名なヨットマン”Eric Tabarly”の名を
冠しています。

ダークっぽい真紅のバラが咲き始めました、(5/17)



花びらが密に詰まっていそう~


DSC03195u32rededen.jpg
翌日(5/18)
素敵に開いてきましたよ♪


DSC03193tacu32rededen.jpg
もう少しダークなのですが 腕が。。。(^^;)


DSC03199tacu3rededen.jpg
翌日(5/19)
バラショウに行く前にのぞいてみたら
ロゼットに♪


DSC03200ktacu3rededen.jpg
チョッと首をかしげて~


DSC09238ktacu3rededen.jpg
更に次の日(5/20)
ロゼットも咲き進んで~


DSC09239tacu3rededen.jpg
反対側からも。


DSC09905u3rededen.jpg
1日置いて(5/22)
次のお花も咲き始めてきました。


DSC02145tacu7rededen.jpg
しばらく経って(5/30)
Mme Ernst Calvat と一緒に。
花持ちがほんとに良すぎるくらい~
最初のお花はまだしっかりとした姿で
咲いています。
毎日撮っても ほとんど変わらなかったデス~(^m^)


DSC02136tu7leveque.jpg
雨の日で暗いんですが。。。
Mme Ernst Calvat(左)やMme Louis Lévêque(右)と共に。


DSC06908tacu3rededen.jpg
1ヶ月を過ぎ 2番花が咲き始めました。
お花は小さいけど房になって。(6/25)


DSC07026tacu3rededen.jpg
翌日(6/26)
少し傷んでますが ロゼット咲きになりましたね♪


DSC03737tacu3rededen.jpg
更に次の日(6/27)
房になったうちの2輪が咲き もう一輪もあとチョッとかな~
今日は 新しい方のデジで撮ったんですよ。 
色が大分近くなりました。


DSC03734tacu1rededen.jpg
上の方をアップで。


DSC07367tacu1rededen.jpg
昨日より 少しほぐれてきて
ロゼット咲きになりつつありますね。(6/28)


DSC03747tacu2rededen.jpg
翌日は新しい方のデジで。
色味が深く出ています~♪(6/29)


DSC08698ktacu1rededen.jpg
秋のお花が咲いてきました。
素敵に咲きそう~♪(10/31)


DSC08694acu1rededen.jpg
やっぱりディープカップですね。


DSC08696tacu1rededen.jpg
少し近づいて~
花びらの巻きの感じが良いでしょ~♪


DSC08828tacu3rededen.jpg

チョッと俯き気~


DSC08895tacu1rededen.jpg
更に次の日(11/1)
重そうで 更に俯いて。(^^;)


DSC08896acu1rededen.jpg
中が見たくて 変な格好になりながら
下から撮ってみました。(^m^)


DSC08899acu1rededen.jpg
アップで。
のぞくと深いですよ~♪

とにかく花持ちが良いバラです。
カップが深く 咲き方も素敵で
ロンサールの赤バージョンと言われてるのも
頷けます。
返り咲き性が強いとのことですが
もっと大きくなれば 沢山咲いてくれるのかしら?
オークションでGETしました。
  1. 2005/11/07(月) 14:24:22|
  2. Modern Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Mme Louise Leveque

DSC00818tu3leveque.jpg

Madame Louis Lévêque(Moss)
マダム・ルイーズ・レヴェック
- Louis Lévêque & Fils(仏)/1898年 -

返り咲き性
花径 10 cm
ディープカップ咲き
香り オールドローズの香り(強香)
高さ 120 cm

交配 Unknown

優しい色合いのお花が
咲き始めました。(5/25)

去年 バラショウで見て とても気になっていたお花です。
たまたま行ったお花屋さんで見つけました。
大苗なのにとてもお安く売られていて 
Mme Ernst Calvat と一緒に連れてきました。


DSC00820u5leveque.jpg
お隣には 次の蕾も控えています~


DSC01211tu3leveque.jpg
1日置いて(5/27)
シルバーピンクの素敵なお花なんですよ♪
花びらもぎっしり詰まっていそう~


DSC01209tu3leveque.jpg
チョッと引いて。
水切れを起こしてしまい 葉っぱの縁が茶色に。(>_<)



DSC01208ktacu3leveque.jpg
写真には写ってないのもあるけど
この日は5輪 咲いてくれましたよ♪


DSC01572tu3leveque.jpg
翌日(5/28)
こんなに密に 花びらが巻いて~


DSC01570tu3leveque.jpg
花芯が見えてきたのも~


DSC01569tu3leveque.jpg
横顔の素敵な子も~♪


DSC01568tu7leveque.jpg
ほかのお花とも一緒に~


DSC01766tu3leveque.jpg
優しそうな雰囲気~♪(5/29)


DSC01765tu7leveque.jpg
Red Eden や Mme Ernst Calvat と一緒に。


DSC02139tu7leveque.jpg
うどん粉病になってきちゃって。。。(>_<)・・・5/30


DSC02136tu7leveque.jpg
Red Eden や Mme Ernst Calvat と共に。
  1. 2005/11/06(日) 16:48:40|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Maman Cochet



Maman Cochet(Tea)
ママン・コシェ
- Cochet(仏)/1893年 -

四季咲き性
花径 8cm
剣弁高芯咲き
香り 中香
強健種
高さ 100cm * 80cm

和名 照日峰

交配  Marie van Houtte × Mme. Lombard

グラデーションが素敵なお花が
咲き始めました。(5/24)


DSC00332tu3mamancochet.jpg
横顔も素敵でしょ~♪


DSC00334tu3mamancochet.jpg
キリッとした中にも 優しさが~♪


DSC01181ktu3mamancochet.jpg
1日置いて(5/26)
花びらは全体的にはサーモンピンクで
花びらの縁のところは紫を少し含んだピンクです。
この違いが良いですね~♪


DSC01216tu3mamancochet.jpg
翌日(5/27)
少しほぐれてきましたね。


DSC01217ktu3mamancochet.jpg
アップにすると 微妙なグラデーションが
分かりますね。


DSC01561tu3mamancochet.jpg
外側の花びらはピンピン~
内側はゆるくカールして優しげに。(5/28)


DSC01778ktu32mamancochet.jpg
アップで。(5/29)
昨日よりそんなに進んでないですね。(^^;)


DSC02165tu3mamancochet.jpg
やっと咲きました。
でも 外側の花びらが傷んじゃって。。。(>_<)
雨が降ったりして 花が咲ききるまで
時間がかかりすぎたんですね。(5/30)
  1. 2005/11/05(土) 21:38:28|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Reine des Violettes



Reine des Violettes(HP)
レーヌ・デ・ヴィオレット
- Mille-Mallet(仏) /1860年 -

四季咲き性
花径 6cm
ロゼット咲き
香り 甘い香り(強香)
高さ 150cm~180cm
直立性
棘 少なめ

別名 Queen of the Violets

Reine des Violettes とは 辞書で調べてみたら
ヴァイオレットの女王と言う意味でした。
素敵な花色や花形、香りが 
その名前にふさわしいんでしょうね。

ライラックとピンクがブレンドされたような
素敵な色で咲きました。
甘い香りが漂ってきます♪

これも 写真はこのアップの一枚だけでした。
撮るのにばらつきがあるようなので
来期はちゃんと撮ってあげないと。。。(5/28)
  1. 2005/11/04(金) 23:32:17|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mabel Morrison



Mabel Morrison
(Hybrid Perpetual)
メイベル・モリソン
- Joseph Broughton(英)/1878年 -

四季咲き性
花径 8 cm 
カップ咲き
香り 微香
高さ 100 ~ 150 cm
直立性

Baroness Rothchild の枝変わり種

白にほんのチョッとピンクが入って
可愛らしく咲きました。(5/28)


DSC02227tu3morrison.jpg
翌日(5/29)
少し開いてきて フリルっぽくなってきたけど
素敵な雰囲気です♪

今年は何故か この2枚しかフォトがありませんでした。
とても素敵なお花なのに。。。
撮るとき見逃しちゃったのかしら?
去年のを見てみたら 更に少なく
咲き始めの1枚だけしか無かったです。(>_<)
来期には 沢山撮ってあげなくっちゃ!

DSC07216tu3morrison.jpg
コロンコロンの蕾でしたよ~
花びらが光沢のあるような でも透明感もある感じ~♪(5/23)
  1. 2005/11/03(木) 18:08:54|
  2. Old Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mary Webb



Mary Webb(ER)
メアリー・ウェッブ
- David Austin(英)/1984年 -

四季咲き性
花径 10cm
ディープカップ咲き
香り 強香
高さ 90cm~120cm

詩人で小説家である Mary Webb にちなんで
名づけられました。
Mary Webb はAustin農場のある
イギリス・シュロプシャー州出身です。

交配 Seedling x Chinatown

淡い 優しげなクリーム色のお花が咲いてきました。(5/19)


DSC09319k1marywebb.jpg
翌日(5/20)
薄~い花びらが雰囲気を醸し出しています。


DSC09752tu3marywebb.jpg
更に次の日(5/21)
レモンイエローを淡くしたような色で
とても素敵です。


DSC09754tu3marywebb.jpg
花びらがギッシリ~♪


DSC09753tu3marywebb.jpg
少し引いて。
前の方のはチョッと先に咲いたお花です。
褪色してくると ほとんど白に近くなります。


DSC00025tacu7marywebb.jpg
咲き始めは コロンコロン~(5/22)


DSC00073tacu9marywebb.jpg
少し引いて。
足元にはヴィオラやノースポールが咲いて♪


DSC00100tu3marywebb.jpg
雨に濡れて雫がコロン~(5/23)


DSC00102tacu9marywebb.jpg
蕾も控えてて しばらく楽しめそう~♪


DSC00877tu32marywebb.jpg
1日置いて(5/25)
ディープカップの奥まで雨が入っちゃって。。。


DSC07692ktu3marywebb.jpg
10月になって秋のお花が咲いてきました。
クリーミィーな色で可愛い~♪(10/23)


DSC07694ktu3marywebb.jpg
栄養が足りなかったのかしら?
花びらが少なく シベが見えてます~(^m^)


DSC08164tu3marywebb.jpg
3日後(10/26)
やっぱりこのお花もシベが見えて(^^;)
今年の秋は雨続きで 沢山の葉っぱが
黒点になってしまいました。(>_<)
  1. 2005/11/02(水) 17:33:43|
  2. English Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

St.Swithun



St.Swithun(ER)
セント・スウィザン
- David Austin(英)/1993年 -

ロゼット咲き
弱い四季咲き性 
(8月頃まで咲き 秋はあまり咲かないそうです。)
香り 強いミルラ香
強健種
直立性
高さ 100cm
横幅 85cm

交配 Chaucer × Conrad Ferdinand Meyer

イギリスのSt.Swithun修道院にちなんで
名づけられました。

優しそうな色で咲いてきました。
赤い蕾と対照的ですね。
後ろの蕾は Jude the Obscure (5/29)


DSC02112tu3swithun.jpg
大分ほぐれてきましたね。


DSC02302tacu1swithun.jpg
翌日(5/30)
雨が降って レンズが曇ってしまって。(>_<)


DSC02303tacu1swithun.jpg
この日のをもう一枚~


DSC02394tacu3swithun.jpg
更に次の日(5/31)
今日は大分褪色してますね。
後ろのお花は”Jude the Obscure”


DSC06131tu3swithun.jpg
しばらくして また咲いてきました。
とても深いカップですね。(6/18)


DSC06277tu3swithun.jpg
翌日(6/19)
この色が良いんですよね♪(^-^)


DSC06676tu3swithun.jpg
数日後(6/23)
チョッと濃い目に咲きました。
でも歪に咲いちゃって。(>_<)


DSC06729tu3swithun.jpg
時間が経ったら淡くなってきて良い色~♪
  1. 2005/11/01(火) 23:08:32|
  2. English Rose
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

旬の花時計

プロフィール

smomo

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。